HOME | Japanese / English / Chinese ]  [ Site Map ]



弊社は創業当時より天然資源をベースとしたあらゆるカテゴリーの製品を世に供給しており、 植物抽出製造の道を開拓する遥か以前より、幅広い分野で事業を展開してきました。 その代表的なものに医薬品や化粧品などの軟膏基剤として利用の広いワセリン、 ミツロウなどの製品があります。 また、これらの他 ハッカ製品、香料類、蝋・油脂など 様々なたぐいの製品群を取り扱っております。 自然界に存在する有用な配合素材の多くは植物からの抽出成分が 一般的でありますが、それらが全てではありません。 生薬エキス製剤という従来の事業領域はもとより、他のメーカ には無い天然物由来の製品群を多数ご用意しております。 ここでは弊社取り扱い製品のうち代表的なものを分類別に紹介いたします。

  |   PAGE TOP  |   ワセリン  |   ミツロウ  |   ハッカ製品  |   香料類  |   ニンジン製品  |   蜂産品  |   蝋・油脂類  |  

- ワ セ リ ン -

  
 
   Penreco Petrolatums
弊社は米国キャルメット・ペンレコ(Penreco)社の代理店として、創業当時からワセリンの輸入販売を行っております。 キャルメット・ペンレコ社は1878年 米国ペンシルベニア州にPennsylvania Refining Companyとして設立以来、常に高い品質のワセリンを製造し提供しております。今日ではキャルメット・ペンレコの商標は 上質なワセリンの代名詞として世界中に知れ渡っています。キャルメット・ペンレコ・ワセリンは厳密な製造・品質管理の基に、狭い規格範囲を維持しており、品質が優れ、かつ変動が少ないことは世界に誇れるものであり、 多くのユーザーの皆様にご満足をいただいております。
  
 
  販売品 (キャルメット・ペンレコ社輸入販売代理店 / キャルメット・ペンレコ社 標準規格)     
  

T y p i c a l   v a l u e s

S P E C I F I C A T I O N S
Melting Point,
USP&ASTM
D127 ゚F
Viscosity,
SUS,
@ 210 ゚F
Maximun
Lovibond
Color 2" Cell
Consistency@
77゚F USP&
ASTM D937
Typical Congealing
Point ゚F
ASTM D938
融点(℃) 粘度 色調 稠度 凝固点(℃)
White Petrolatums U.S.P.
Penreco Ultima
CODE No. 4500
COPS CODE   PEN1700-00-C
130~140
(54.4~60.0)
60~70 0.5Y 155~190 130
(54.4)
Penreco Snow
CODE No. 4503
COPS CODE   PEN1723-00-C
122~135
(50.0~57.2)
64~75 2Y 170~205 123
(50.6)
Penreco Snow V
CODE No. 4503V
COPS CODE   PEN1727-00-C
122~135
(50.0~57.2)
64~75 2Y 165~175 123
(50.6)
Penreco Regent
CODE No. 4504
COPS CODE   PEN1733-00-C
118~130
(47.8~54.4)
57~70 2Y 210~240 120
(48.9)
Penreco Cream
CODE No. 4506
COPS CODE   PEN1750-00-C
122~135
(50.0~57.2)
64~75 18Y 0.5R 175~205 125
(51.7)
Petrolatum U.S.P.
Penreco Blond
CODE No. 4508
COPS CODE   PEN1810-01-C
122~135
(50.0~57.2)
68~72 35Y 3R 175~205 123
(50.6)
Penreco Amber
CODE No. 4510
COPS CODE   PEN1820-00-C
122~135
(50.0~57.2)
68~72 35Y 7R 175~205 123
(50.6)
Ointment Bases White Petrolatum U.S.P.
Ointment Base No.4
CODE No. 4535
COPS CODE   PEN2000-00-C
118~125
(47.8~51.7)
60~70 1.5Y 250~285 109~119
(42.8~48.3)
Ointment Base No.6
CODE No. 4536
COPS CODE   PEN2010-00-C
122~133
(50.0~56.1)
60~70 1.5Y 195~230 120~130
(48.9~54.4)
Ointment Base No.8
CODE No. 4534
COPS CODE   PEN2030-00-C
118~127
(48.0~52.5)
55~65 1.5Y 220~250 104~115
(40.0~46.1)

 
  
 
  

日本薬局方収載品目対応表
販売品目 日本薬局方区分内容量
White Petrolatums U.S.P.
 Penreco Ultima 白色ワセリン175kg,15kg
 Penreco Snow 白色ワセリン175kg
 Penreco Snow V 白色ワセリン175kg,15kg
 Penreco Regent 白色ワセリン175kg,15kg
 Penreco Cream 白色ワセリン175kg,15kg
Petrolatum U.S.P.
 Penreco Blond 黄色ワセリン175kg
 Penreco Amber 黄色ワセリン175kg,15kg
Ointment Bases White Petrolatum U.S.P.
 Ointment Base No.4 白色ワセリン170kg
 Ointment Base No.6 白色ワセリン170kg
 Ointment Base No.8 白色ワセリン170kg

 
       
納入形態:
 
  
通常の納入容器はキャルメット・ペンレコ社充填のドラム缶(スチール:内面樹脂コーティング)で内容量 は175 kg又は170 kgです。 また、小分け品( 15 kg入り、容器:スチール缶、内面樹脂コー ティング)も提供させていただけるグレードもあります。
 
 



  |   PAGE TOP  |   ワセリン  |   ミツロウ  |   ハッカ製品  |   香料類  |   ニンジン製品  |   蜂産品  |   蝋・油脂類  |  

- ミ ツ ロ ウ -

  
 
   ミツロウ
 ミツバチの働き蜂は腹部のロウ分泌腺よりロウを分泌し、巣の構築材料としております。
このミツバチの巣から得たロウを精製したものがミツロウであり、更に漂白したものがサラシミツロウです。
 弊社のミツロウ・サラシミツロウは純ミツロウの品質・特性を損なわない方法により、精製あるいは漂白を 行って製品化したものです。製品は全て純ミツロウとしての成分組成および規格数値を保持しており、 「日本薬局方」および「医薬部外品原料規格」に適合します。
 ミツロウは多くの蝋の中でもきわめて優れた特性を有しており、 医薬品の軟膏製剤の基剤や各種化粧品の基剤として広く利用されています。
  
 
  販売品目 包装仕様    -  PACKING  - 
  

販売名包装量包装形態
 日局「ミツロウ」500 g
(板)
 直接包装: 硫酸紙
 外   装: 紙 箱
20 kg
(500 g×40, 板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース
20 kg
(丸板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース
 日局「サラシミツロウ」500 g
(板)
 直接包装: 硫酸紙
 外   装: 紙 箱
20 kg
(500 g×40, 板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース
1 kg
(丸板)
 紙巻き
20 kg
(丸板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース
20 kg
(丸板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース
 外原規「ミツロウ」20 kg
(丸板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース
 外原規「サラシミツロウ」20 kg
(500 g×40, 板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース
20 kg
(丸板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース
20 kg
(丸板)
 直接包装: PE 袋
 外   装: パッキングケース

 
 



  |   PAGE TOP  |   ワセリン  |   ミツロウ  |   ハッカ製品  |   香料類  |   ニンジン製品  |   蜂産品  |   蝋・油脂類  |  

- ハ ッ カ -

  
 
   和薄荷(開花期)
 シソ科(Labiatae)植物 ハッカ(Mentha arvensis Linné var. piperascens Malinvaud)は和薄荷、ジャパニーズミント ともよばれメントール含有量が高く、天然メントールの供給源として世界各地で栽培されております。
  このハッカの地上部を水蒸気蒸留して得られた精油を冷却して、粗ハッカ脳を析出させた後、更に水蒸気蒸留により精製し、 メントール含量を調製したものがハッカ油であり、粗ハッカ脳を更に再結晶等により精製したものが l - メントールです。
  ハッカ製品の医薬品原料としての歴史は古く1880年以来使用されて来ており、鎮痛、鎮痒の目的で外用剤に配合されるほか、 消化管の運動、分泌、吸収などの諸機能を亢進するとともに、鎮痛、鎮吐作用なども表します。また、ハッカ製品は、その爽快な香気と 清涼感から医薬品以外に食品、飲料及び歯磨のほか、たばこ、香粧品などにも広く使用されています。
  弊社の l - メントール及びハッカ油は天然ハッカの精油から、精製を行って製品化したもので、製品は日本薬局方医薬品各条の 規格に適合し、この内 l - メントールは「医薬部外品原料規格」及び「食品添加物公定書」の規格にも適合致します。
  
 
         販売品目 包装仕様    -  PACKING  - 
  

 販売名包装量(kg)包装形態
直接包材外 装
  日 局 「l - メントール」7.5PE袋パッキングケース
7.5×2PE袋パッキングケース
15PE袋パッキングケース
20PE袋パッキングケース
30PE袋パッキングケース

 販売名包装量(kg)包装形態
直接容器外 装
  日 局 「ハッカ油」      15クラウン缶穴付枠パッキングケース

 
  
 
       備 考 
  
l - メントール及びハッカ油は
鎮咳去痰薬、胃腸薬、瀉下薬、鎮暈薬、外用痔疾用薬及び水虫・たむし用薬の
各製造(輸入)承認基準に適合します。
 



  |   PAGE TOP  |   ワセリン  |   ミツロウ  |   ハッカ製品  |   香料類  |   ニンジン製品  |   蜂産品  |   蝋・油脂類  |  

- 香 料 類 -

  
 
   ウイキョウ
 香料は ”かおり”として生活と密接に結びついており、香水は言うに及ばず、化粧品や洗剤、 歯磨、浴剤、食品及び医薬品などにも広く利用されております。
 弊社では l-メントール(天然薄荷脳)をはじめとして、医薬品の薬効成分である dl-カンフル や植物由来の精油など、数種の香料の販売を行っております。
 本案内では取り扱い品目の代表的なものをご紹介しますが、ご要望に応じましてこれら以外のも のも提供させていただくことができます。
  
 
  主要販売品目   (日本薬局方医薬品各条収載品目) 
  

販売名参考情報
 日局「ウイキョウ油」
 〔Fennel Oil〕
 〔フェンネル油〕
ダイウイキョウ Illicium verum Hooker filius.(Illiciacea)の果実を水蒸気蒸留して得た精油
適用:健胃薬
 日局「d-カンフル」
 d-Camphor
 樟  脳
クスノキ Cinnamomum camphora Linnéから得た ものでd- カンフル(C10H16O)96.0 % 以上を含む
適用:局所刺激薬、局所消炎・鎮痒薬
 日局「dl-カンフル」
 dl-Camphor
 合成樟脳
合成品のラセミ型カンフル dl-カンフル(C10H16O)96.0 % 以上を含む
適用:局所刺激薬、局所消炎・鎮痒薬
 日局「ケイヒ油」
 Cinnamon Oil
 桂 皮 油
Cinnamomum cassia Blume の葉と小枝若しくは樹皮 又はCinnamomum zeylanicum Nees(Lauraceae)の樹皮 を水蒸気蒸留して得た精油
適用:健胃薬
 日局「チョウジ油」
 Clove Oil
 丁 字 油
Syzygium aromaticum Merrill et Perry(Eugenia caryophyllata Thunberg)(Myrtaceae)のつぼみ又は葉を 水蒸気蒸留して得た精油
適用:健胃薬
 日局「テレビン油」
 Turpentine Oil
Pinus 属植物(Pinaceae)の材又はバルサムを水蒸気蒸留して得た精油 適用:皮膚刺激薬
 日局「ハッカ油」
 Mentha Oil
 薄 荷 油
ハッカ Mentha arvensis Linné var. piperascens Malinvaud (Labiatae)の地上部を水蒸気蒸留して得た精油を冷 却し、固形分を除去した精油
適用:健胃薬、鎮痛、鎮痒、収れん・消炎(外皮適用)
 日局「l - メントール」
  l- Menthol
ハッカ Mentha arvensis Linné var. piperascens Malinvaud (Labiatae)の地上部から得たもので、l -メントール(C10H20O:156.27)98.0 % 以上を含む
適用:矯味・矯臭、局所消炎、製剤原料
 日局「ユーカリ油」
 Eucalyptus Oil
Eucalyptus globulus Labikkardière 又はその他近縁植物(Myrtaceae)の葉を水蒸気蒸留して得た精油
適用:賦香料、うがい薬、去痰薬

 
  
 
  その他の香料    
  

販売名参考情報
本 質応 用
 クマリン
 Coumarin
o-クレゾールよりの合成香料で甘いややスパイシーな枯草様香気の結晶(1,2-benzopyrone)石鹸、たばこ香料など
食品香料不可
 シ ソ 油
 Perilla Oil
青シソ(Perilla frutescens Britton forma viridis Makino)の水蒸気蒸留により得られた精油、シソ特有の香気(主成分:perillaldehyde) 各種食品香料
 シトロネラ油
 Citronella Oil
シトロネラソウ(イネ科)より得た精油
(主成分:-シトロネラール)
主要合成香料原料
石鹸香料等
 ジペンテン
 Dipentene
リモネンの光学不活性なラセミ体混合物オレンジ様香気の無色の液体化粧品、石鹸
浴用剤用香料等
 テルピネオール
 Terpineol
テレビン油、スイートオレンジ等の精油成分ライラック様香気を有する石鹸、香水
化粧品用香料
 芳  油
 Ho Oil
ホウショウ(くすのき科)の樹、幹、枝、根の水蒸気蒸留により得た精油(主成分:リナロール)石鹸香料、調合香料
合成原料等
 d-ボルネオール
 d-Borneol
d-カンフルの還元により得た結晶性粉末
食品添加物公定書規格適合品
医薬品配合原料
香粧品、口腔剤
 dl-ボルネオール
 dl-Borneol
dl-カンフルの還元により得た結晶性粉末医薬品配合原料
香粧品、口腔剤
 ヤラヤラ(ネロリン)
 Yara-Yara
アカシア花に似た香気とネロリ花の香りがあり、ストロベリー様の香気を有する(主成分:β-ナフチル・メチル・エーテル)ベリー・フレーバー
石鹸香料等

 
 



  |   PAGE TOP  |   ワセリン  |   ミツロウ  |   ハッカ製品  |   香料類  |   ニンジン製品  |   蜂産品  |   蝋・油脂類  |  

- ニ ン ジ ン 製 品 -

  
 
   オタネニンジン
 ニンジンはウコギ科(Araliaceae)オタネニンジン(Panax Ginseng C. A. Meyer)の細根を除いた根から調製される最も著名な生薬のひとつです。 ニンジンはその調製法(修治法)の相違により、日本薬局方医薬品各条においても「ニンジン」又は「コウジン」として区別して収載されており、 弊社ではそれぞれのエキス類を製造しております。
 ニンジンには伝承薬としての長い歴史があり、2000年以上も前から、東洋の人々の体を病気や老衰などから守ってくれる薬物として、珍重されてきました。 ニンジンは主として漢方処方用薬として利用されるほか、健胃強壮薬として各種の配合剤に使用され、虚弱体質・肉体疲労・病中病後・胃腸虚弱・食欲不振・血色不良・冷え症の場合の 滋養強壮に利用されています。
 弊社のニンジン及びコウジン製品は、良質の原料から弊社独自の設備により抽出加工を行い、その特性を損なわずに製品化したもので、各種医薬品の配合原料として利用されています。また、食品配合原料や化粧品配合剤とされるほか、そのままでも健康食品として利用していただけるものもあります。
  
 
  主要販売品目   (医薬品配合原料) 
  

● 生薬・生薬末 ⇒ [ 生薬・生薬末 | 流エキス | 軟エキス | 乾燥エキス | 顆粒 | その他 ]
販売名参考情報
 日局「ニンジン」
 Ginseng
日本薬局方医薬品各条収載オタネニンジンの細根を除いた根又はこれを軽く湯通ししたもの。
 日局「ニンジン末」
 Powdered Ginseng
日本薬局方医薬品各条収載日局「ニンジン」を粉末にしたもの。
 日局「コウジン」
 Red Ginseng
日本薬局方医薬品各条収載オタネニンジンの根を蒸したもの。
 局外生規「コウジン末」
 Powdered Red Ginseng
 日局「コウジン」を粉末にしたもの。
 ケニンジン
 Hairy Root Ginseng
 オタネニンジンの細根

 
  
  

● 流エキス   [ | ]
販売名参考情報
 ニンジン流エキス
 Ginseng Fluidextract
原料:製品=1:1日局「ニンジン」から60 vol% エタノール抽出
により製した流エキス剤
 ニンジン流エキスS
 Ginseng Fluidextract S
原料:製品=1:1日局「ニンジン」から10 vol% エタノール抽出
により製した流エキス剤
 ニンジン流エキスP
 Ginseng Fluidextract P
原料:製品=1:1日局「ニンジン」から60 vol% エタノール抽出
により製した流エキス剤
 コウジン流エキス
 Red Ginseng Fluidextract
原料:製品=1:1日局「コウジン」を60 vol% エタノールにより抽出し、10 vol% エタノール溶液とした流エキス剤
 コウジン流エキスS
 Red Ginseng Fluidextract S
原料:製品=1:1日局「コウジン」を30 vol% エタノールにより抽出し、10 vol% エタノール溶液とした流エキス剤

 
  
  

● 軟エキス   [ | ]
販売名参考情報
 ニンジンエキス(A)
 Ginseng Extract (A)〔Soft〕
原料:製品=1:0.4日局「ニンジン」から熱水抽出により製した
軟エキス剤
 ニンジンエキス(B)
 Ginseng Extract (B)〔Soft〕
原料:製品=1:0.4日局「ニンジン」から60 vol% エタノール抽出
により製した軟エキス剤
 ニンジン軟エキス
 Ginseng Soft Extract
原料:製品=1:0.33日局「ニンジン」から30 vol% エタノール抽出
により製した軟エキス剤
 ニンジン軟エキス(A)
 Ginseng Soft Extract (A)
原料:製品=1:0.4日局「ニンジン」から熱水抽出により製した
軟エキス剤
 コウジン軟エキス(A)
 Red Ginseng Soft Extract (A)
原料:製品=1:0.4日局「コウジン」から熱水抽出により製した
軟エキス剤

 
  
  

● 乾燥エキス   [ | ]
販売名参考情報
 ニンジンエキスP
 Ginseng Powdered Extract P
原料:製品=1:0.08日局「ニンジン」から60 vol% エタノール抽出
により製した乾燥エキス剤
 ニンジン乾燥エキス
 Ginseng Dried Extract
原料:製品=1:0.3日局「ニンジン」から熱水抽出により製した
乾燥エキス剤
 ニンジン乾燥エキス-A
 Ginseng Dried Extract - A
原料:製品=1:0.1日局「ニンジン」から30 vol% エタノール抽出
により製した乾燥エキス剤
 ニンジン乾燥エキスS
 Ginseng Dried Extract S
原料:製品=1:0.3日局「ニンジン」から熱水抽出により製した
乾燥エキス剤
 ニンジン精製乾燥エキス
 Puryfied Ginseng Dried Extract
原料:製品=1:0.03日局「ニンジン」から30 vol% エタノール抽出後、
精製した乾燥エキス剤
 コウジンエキス(A)
 Red Ginseng Powdered Extract (A)
原料:製品=1:0.3日局「コウジン」から熱水抽出により製した
乾燥エキス剤
 コウジン乾燥エキス-A
 Red Ginseng Dried Extract - A
原料:製品=1:0.1日局「コウジン」から30 vol% エタノール抽出
により製した乾燥エキス剤

 
  
  

● 顆 粒   [ | ]
販売名参考情報
 ニンジンエキス顆粒
 Ginseng Extract Granule
原料:製品=1:1.8ニンジン乾燥エキスより製した乾式顆粒剤
賦形剤:トウモロコシデンプン
 ニンジンエキス顆粒S
 Ginseng Extract Granule S
原料:製品=1:0.9ニンジン乾燥エキスより製した乾式顆粒剤
賦形剤:トウモロコシデンプン

 
  
  

● その他   [△ニンジン製品の先頭へ ]
販売名参考情報
 ニ ン ジ ン 茶
 Ginseng Tea
ニンジンを60 vol% エタノールで抽出して得られるエキスを乳糖を賦形剤にして湿式顆粒とした、飲みやすい健康食品(バルク)です。
 ニンジン抽出液 N
 Ginseng Liquid Extract N
ニンジン精製乾燥エキス(粗サポニン分画)を30 vol% エタノールに溶解した溶液でサポニン力価の高い化粧品配合用原料としてご利用いただけます。

 
  
 
  

一般用医薬品 基準適合表
基準か ぜ 薬鎮咳去痰薬胃 腸 薬瀉 下 薬ビタミン主薬製剤
区 分Ⅳ 欄Ⅳ 欄健胃剤Ⅱ欄 1項佐薬Ⅱ欄ⅩⅠ欄2項
1日最大分量〔*〕3 g〔6 g〕3 g〔6 g〕3 g〔6 g〕1.5 g〔3 g 〕1.5 g〔3 g 〕
配合原料ニンジン 及び エキス類
------コウジン及びエキス類------

 
  
[△ニンジン製品の先頭へ
 
  化粧品への利用: 
  
日局「ニンジン末」及び 各種ニンジンエキス及びコウジンエキスは医薬部外品原料規格に適合します。
 
  食品への利用: 
  
ニンジンは食薬区分(46-通知)において 医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品 とは判断しない成分本質リストにあり、本表の各種エキス類及び生薬は健康食品原料や 各種食品への配合原料としても利用して頂けます。
 
 



  |   PAGE TOP  |   ワセリン  |   ミツロウ  |   ハッカ製品  |   香料類  |   ニンジン製品  |   蜂産品  |   蝋・油脂類  |  

- 蜂 産 品 -

  
 
   ミツバチの巣
 人とミツバチの関わりの歴史は古く、紀元前にまで遡るといわれており、現在でも 我々はハチミツをはじめとして種々の蜂産品を利用しております。
 蜂産品には、「神農本草経」の上品に石蜜として収載されている蜂蜜や、 巣の構築物であるミツロウのほかに、ローヤルゼリー、プロポリスなどがあり、 食品や医薬品原料として広く利用されております。
 弊社では医薬品の軟膏基剤や化粧品の基剤として優れた特性を有する 「ミツロウ」の精製を古くから行うとともに、数種の蜂産品及びその加工品の 販売を行っております。
  
 
  主要販売品目   (医薬品配合原料) 
  

販売名参考情報
 日局「ミツロウ」
 Yellow Beeswax
日本薬局方医薬品各条収載ヨーロッパミツバチ Apis mellifera Linné の巣から得たろうを採集したものであるろうを精製したもの  用途:軟膏、硬膏などの製剤用基剤
 日局「サラシミツロウ」
 White Beeswax
日本薬局方医薬品各条収載日局「ミツロウ」を漂白したもの
用途:軟膏、硬膏などの製剤用基剤
製剤:「白色軟膏」、「親水ワセリン」
 日局「ハ チ ミ ツ」
 Honey
日本薬局方医薬品各条収載ヨーロッパミツバチ Apis mellifera Linné がその巣に集めた甘味物を採集したものである
適用:甘味料、滋養強壮
 日局「ローヤルゼリー」
 Royal Jelly
日本薬局方医薬品各条収載ヨーロッパミツバチ Apis mellifera Linné の頭部にある分泌腺から分泌される粘稠性のある液
適用:滋養強壮医薬品等の配合原料
 ローヤルゼリー抽出液
 Royal Jelly Liquid Extract
原料:製品=1:1.5ローヤルゼリーを30 vol% エタノールにより抽出して製した抽出液
適用:滋養強壮医薬品等の配合原料
(主として液剤の製剤原料)
 ローヤルゼリーパウダー
 Powdered Royal Jelly
 ローヤルゼリーを凍結乾燥粉末としたもの
適用:滋養強壮医薬品等の配合原料
(主として固形剤の製剤原料)

 
  
 
       備 考 
  
日局「ミツロウ」及び「サラシミツロウ」は医薬部外品原料規格にも合致します。
 
  その他の品目   (各種栄養補助食品・健康食品原料) 
  

販売名参考情報
 ハ チ ミ ツ
 Honey
ハチミツは太古の昔より、世界各地において栄養豊富な食品として広く利用さ れてきており、中国では神農本草経の上品に石蜜として収載され、滋養強壮薬 とされてきました。ハチミツの主成分は糖質(果糖、ブドウ糖、ショ糖)ですが、 有機酸、ビタミン、アミノ酸及びタンパク質などを含有しております。 ハチミツは蜜源植物(レンゲ、アカシア、クローバー、ミカン、ナタネ、トチ、 ソバ等)の違いにより多くの種類があります。
 精 製ハ チ ミ ツ
 Purifyed Honey
ハチミツを脱色・脱臭処理したもので、蜜原植物やロットの相違による色調や 味の違いをほとんど無くし、品質を安定化したものであり、主として飲料用原 料として使用されています。
 ローヤルゼリー
 Royal Jelly
ローヤルゼリーは若い働き蜂の頭部にある分泌腺から分泌される乳白色のクリ ーム状物質で、同じ受精卵から孵化した幼虫が働き蜂に育つか、女王蜂に育つ かの鍵を握っている物質です。また成虫となった女王蜂はローヤルゼリーを餌 として一生与えられる為、王乳とも呼ばれています。ローヤルゼリーは蛋白質 に富み、ミネラルやビタミンを含み、栄養価が高く、神秘性も手伝って古くよ り欧米諸国において長寿の貴重品とされて来ました。
 ローヤルゼリー抽出液
 Royal Jelly Liquid Extract
ローヤルゼリーを30 vol% エタノールにより抽出し、蛋白質を除去して製し た抽出液で、液剤の食品原料としてご利用いただけます。
 ローヤルゼリーパウダー
 Powdered Royal Jelly
ローヤルゼリーは水分65 %付近であり、この水分を凍結乾燥により除いて 粉末化したもので、固形剤の食品配合原料としてご利用いただけます。
 脱蛋白ローヤルゼリー粉末
 Powdered Deprotein Royal Jelly
ローヤルゼリー抽出液を乾燥・粉末化したもので、固形剤の食品配合原料としてご利用いただけます。
 ローヤルゼリー末顆粒
 Powdered Royal Jelly Granule
ローヤルゼリーパウダーから、乳糖を賦形剤にして湿式顆粒剤としたもので、このままで食品としてご利用いただけます。
 プロポリス
 Propolis
プロポリスはミツバチの巣房を構成する素材の一つとして、ミツバチにより 花粉及び植物の分泌物(樹液等)と、自らの分泌物(ミツロウ等)を練り合わ せて作られたもので、フラボノイドを高濃度に含み、樹脂、ミツロウ、芳香油、 有機酸類からなる淡褐色~黒褐色の樹脂状物質です。 プロポリスは日本健康食品協会により、加工食品規格基準が設けられている、 確かな健康食品原料です。
 プロポリス抽出液
 Propolis Liquid Extract
プロポリスをアルコール抽出して不溶物を除去した溶液で、プロポリスの持つ 特性を損なわずに製品化したものです。
 プロポリスエキス末
 Powdered Propolis Extract
プロポリスのアルコール抽出物をデンプンを賦形剤として粉末化したもので、 固形剤の健康食品原料としてご利用いただけます。
 花 粉 荷
 Pollen Load
ミツバチが花蜜を採蜜中に蜜で丸めて「花粉だんご」にして巣に持ち帰ったもので、 育児及び成蜂の飼料とされ、花蜜の糖と花粉の成分がプラスされた、最高の栄 養価の食品です。
 花粉エキス顆粒
 Pollen Load Extract Granule
花粉荷を抽出してエキス化した後、乳糖を賦形剤にして湿式顆粒剤としたもの で、このままで食品としてご利用いただけます。

 
  
[△蜂産品の先頭へ
 
       備 考 
  
ご要望に応じまして上記以外の抽出物等も試作・提供させていただきますので、
弊社営業部員までお問い合わせ下さい。
 



  |   PAGE TOP  |   ワセリン  |   ミツロウ  |   ハッカ製品  |   香料類  |   ニンジン製品  |   蜂産品  |   蝋・油脂類  |  

- 蝋 ・ 油 脂 類 -

  
 
   カルナウバロウ
  植物・動物界における油脂分布は極めて広く、我々は種々の形で油脂類を利用してきております。蝋と油脂は「あぶら」として広く油脂類と称されますが、 両者は化学成分上では区別され、油脂はグリセライドを主成分としますが、蝋は高級アルコール類と脂肪酸のエステルから成っております。
 弊社では動物蝋である蜜蝋の精製を古くから行っており、これ以外に植物蝋であるカルナウバロウの他数種の蝋や油脂類を取り扱っております。  また、石油からの高沸点炭化水素類の精製油であるワセリンを、米国キャルメット・ペンレコ社の代理店として古くから輸入販売を行ってきております。
  弊社の蝋、油脂類は医薬品、化粧品原料の他各種の用途に広く利用されており、ユーザーの皆様のご満足を頂いております。本案内では取り扱い品目の代表的なものをご紹介しますが、ご要望に応じましてこれら以外のものも提供させていただくことができます。
  
 
 主要販売品目   (医薬品配合原料) 
  

販売名参考情報
 日局「カルナウバロウ」
 Carnauba Wax
カルナウバヤシ Copernica cerifera Mart(Palmae)の葉から得たろう
  性 状:フレークまたは粉末
  用途:軟膏、硬膏などの製剤用基剤
  錠剤の防湿被包、つやだし等
 日局「ミ ツ ロ ウ」
 Yellow Beeswax
ヨーロッパミツバチ Apis mellifera Linné (Apidae)などのミツバチの巣から集めたロウを精製したもの
  用途:軟膏、硬膏などの製剤用基剤
 日局「サラシミツロウ」
 White Beeswax
日局「ミツロウ」を漂白したもの
  用途:軟膏、硬膏などの製剤用基剤
  製剤:「白色軟膏」、「親水ワセリン」
 日局「黄色ワセリン」
 Yellow Petrolatum
石油から得た炭化水素類の混合物を精製したもの黄色の軟膏よう物質
  用途:軟膏基剤、局所保護薬
 日局「白色ワセリン」
 White Petrolatum
石油から得た炭化水素類の混合物を精製したもの微黄色の軟膏よう物質
  用途:軟膏基剤
  製剤:「親水軟膏」、「白色軟膏」等

 
  * 日局「ミツロウ」及び「サラシミツロウ」は医薬部外品原料規格にも適合致します。 
  * 日局「黄色ワセリン」、「白色ワセリン」には種々のグレードがありますので、営業担当者にお問い合わせ下さい。

 
  
 
  その他の取扱品目   (日局品は輸入又は製造許可許可品目) 
  

販売名参考情報
本 質応 用
 イボタ花
 Insect Wax (Flower)
イボタカイガラムシEricerus pela CHAVANNES(Coccidae)の雄虫がイボタノキや他のモクセイ科植物の枝幹に群生し、分泌するロウを成虫が羽化した後、採取したもの家具のつや出し料
戸滑り等
 イボタロウ
 Purifyed Insect Wax
イボタ花を精製したもの家具のつや出し料
高融点ワックス原料等
 日局「オリブ油」
 Olive Oil
Olea eqropaea Linné(Oleaceae)の果実を圧搾して得た脂肪油軟膏,硬膏,リニメント剤
などの製剤用基剤
 日局「ゴマ油」
 Sesame Oil
ゴマ Sesamum indicum Linne(Pedaliaceae)の種子から得た脂肪油軟膏,硬膏,リニメント剤
などの製剤用基剤
 ハトムギ油
 Coix Seed Oil
ハトムギ Coix lacyma-jobi Linné ver. ma-yuen Stapfの種皮を除いた種子より得た脂肪油製剤原料
510060(配)
 日局「軽質流動パラフィン」
 Light Liquid Paraffin
石油から得た液状の炭化水素類の混合物軟膏剤などの
製剤用基剤
 日局「流動パラフィン」
 Liquid Paraffin
石油から得た液状の炭化水素類の混合物軟膏剤,擦剤などの
製剤用基剤
 日局「ヒマシ油」
 Castor Oil
トウゴマ Ricinus communis Linné(Euphorbiaceae)の種子を圧搾して得た脂肪油瀉下薬
 日局「マクロゴール400」
 Macrogol 400
エチレンオキシドと水の付加重合体で、
HOCH2(CH2OCH2)nCH2OHで表されnは7~9
製剤原料
 日局「マクロゴール4000」
 Macrogol 4000
エチレンオキシドと水の付加重合体で、
HOCH2(CH2OCH2)nCH2OHで表されnは59~84
製剤原料
 モクロウ
 Japan Wax
ハゼノキ Rhus succedanea Linné(Anacardiaceae)の果実を温圧搾して得た蝋質ロウソク,木具の
つや出し料等
 サラシモクロウ
 Bleached Japan Wax
モクロウを漂白精製したものロウソク,木具の
つや出し料等
 日局「ラッカセイ油」
 Peanut Oil
ラッカセイ Arachis hypogaea Linné(Leguminosae)の種子から得た脂肪油軟膏,硬膏,リニメント剤
などの製剤用基剤
 日局「精製ラノリン」
 Purified Lanolin
ヒツジ Ovis aries Linné(Bovidae)の毛から得た脂肪よう物質を精製したもの軟膏, 眼軟膏の基剤

 
  
[△蝋・油脂類の先頭へ
 
 

▲ページの先頭へ

人と自然を創造する - 誰もが健康であるために。

  |   小城製薬HOME  |   企業情報  |   事業概要  |   製品情報  |   生産設備  |   品質管理・製品開発  |   お問合せ  |   レビュー  |   Site Map  |